連携と創生

Collaboration and Creation

次世代への日本語教育人材育成研究拠点をめざして

Human Resource Development Hub for the Next Generation of Japanese Language Education Specialists

トピックスTopics

2021.10.12
2021.08.26
2021.08.02
Read More

本プログラムについてAbout Us

本プロジェクトでは日本語教育の今後の発展が期待される中央アジアのウズベキスタン、カザフスタン、東南アジアのベトナム、アフリカのエジプトの日本語教育研究組織と連携して、日本語教育スタンダードや教材、それを活用できる人材育成に取り組みます。社会的に求められる新たな日本語人材を育成しなければなりません。それぞれの地域が抱える将来の課題が、時間の推移や社会制度の変化で、どの地域でも解決すべき課題となるでしょう。日本語教育の学習内容、学習方法を一緒に考え、学習者が自律的に学ぶ仕組みを学習者に提供し、能率的な学習方法を開発していきます。

In this project, we will collaborate with Japanese language education research organizations in Uzbekistan and Kazakhstan in Central Asia, Vietnam in Southeast Asia, and Egypt in Africa, where future developments in Japanese language education are expected, to develop Japanese language education standards and teaching materials, as well as human resources who can use them. We will work together to develop efficient learning methods by providing students with a mechanism for learning Japanese language autonomously and by considering the content and methods of Japanese language education.

参加大学Partners

筑波大学
ウズベキスタン国立世界言語大学
カイロ大学
アルファラビ・カザフ国立大学
フエ大学外国語大学
Member Activities
ページの先頭へ戻る